ゲームとか適当に
ゲームやら愚痴やら偏った趣味やら色々と語ってます。のんびりとやってます。当分はtwitter更新中心で…。

数陣タイセンやっぱりおもしれー

やっぱり面白いです。
Wi-Fiで300越えのコンボを決めると気持ちいいね。
まぁ、めったに決まりませんが。
ステージによって戦略が変わるのがいい。
アイテムやステージの特殊効果も面白い。
Wi-Fi対戦では点差さえ縮めればレートは下がりません。
これなら楽に2500まで上げれそうです。
注意さえすれば2人対戦では致命的なコンボをくらいませんしね。


適度な運が絡んだ思考ゲームはいいですね。
やればやるほど良く練られてるゲームだと感じます。
もっと売れてWi-Fiの対戦相手が増えないかな。


私が考えてる対戦時に注意することをちょっと書いてみたり。
気になる人は続きを読むをどうぞ。
微妙に長文です…
対戦前にお題の壱の巻くらいはクリアしましょう。
できるなら弐の巻もクリアした方がいいです。
分岐のコツを覚えるとコンボの幅が増えます。
物語は正直どうでもいいです。
対人戦にはまったく役に立ちません。
極レベルでもほぼ意味無しかと。


・序盤戦
序盤の基本は最初の一手です。
後手は先手のコンボを妨害することが重要です。
先手の方が一手多く動けることを忘れてはいけません。
ただ、妨害をしてコンボを狙うと先手の一手分は帳消しです。
上手く考えられてますね。
逆に妨害しないと先手が有利なままです。
という訳で妨害は非常に有効です。
これを意識してない人多いんですよね。
札の運がないと逆転が厳しくなるのに。


先手は足の多い札を置く事と真ん中付近に置くことです。
特に4本足の札があれば、楽に包囲が完成します。
虹札が最初から配置されているステージで完全が狙えるなら、狙うのもいいかもしれません。
ただ、目標点数が大きい場合は狙わなくても大丈夫です。
最初からアイテムを狙うのもいいですね。
増加、宝玉あたりが来てくれるとかなり楽になります。


アイテムは相手の大型コンボを防ぐ場合のみ使用です。
目標点数が400以下の場合は積極的に妨害です。
ただ、妨害し過ぎると攻撃が追いつけないんですよね。
そこでお勧めなのが宝玉です。
相手を妨害しつつ自分のコンボも稼げる。
相手も宝玉を使ってくる可能性があることさえ意識すれば、
かなり使えるアイテムです。


・中盤戦
中盤以降はアイテムの使い方、虹札の使い方が肝です。
虹札は特に気を付けないとダメです。
相手のコンボに組み込まれると最悪です。
虹札で防ぐ場合は、回されても、足を増やされてもコンボに組み込めない札を使うべきです。
そして、上手く虹札で妨害しても注意が必要です。
特に虹札に繋げた自分の色札の向きに要注意です。
色札は宝玉で虹札に変化可能です。
下手するとコンボ続行です。
同数や包囲を色札で防いだと安心してはいけません。
それ以上の発展が望めない場合はきっちりと塞ぐべきです。


相手の完全コンボに注意をして下さい。
特に足一本減らせば完全になる場合、札を入れ替えれば完全になる場合は要注意です。
慣れないと難しいかもしれませんが、意識するだけでかなり変わります。
完全コンボだとほぼ100点以上ですから注意しないといけません。


・後半戦
このゲームは後半戦まで行ってしまうと逆転が困難です。
アイテムを利用してのコンボくらいしか大量得点を取るのは不可能でしょう。
その場合は無理に妨害するのではなく、点数を稼ぐ方に集中です。
レートを気にしない場合はいいのですが、100点差と50点差はレートの下がり方が結構変わります。
相手が札を置けない用にするのも重要です。
札が置けない場合は減点50点です。
一度減点すると自由に札を置くことが可能となります。
微妙な点数ですが逆転もありえます。
狙う価値はありますよ。


まだ逆転のチャンスがある場合、要は強いアイテムを持っている場合は空きスペースに注意です。
コンボを妨害する場合はスペースが広い方を妨害するようにします。
微妙な点差の場合相手が20~30点しか取れなくなったらチャンスです。
広いスペースを使ってガッツリと稼げば勝てます。


・アイテムの簡単な使い方
アイテムの使い方を覚えると楽になります。
設置系以外のアイテムの防御での重要度は
羽>宝玉>鏡>コマ>筆>減少>増加
逆に攻撃での重要度は
増加>鏡≧宝玉>コマ>減少>筆>羽
こんな感じです。
4人戦だと微妙に変わりますが、だいたいこんなもんです。


増加は完全が組めたなら強力ですね。
これさえ決まればほぼ勝てますし。
後完全を防ぐ場合にも使えます。
非常手段ですが覚えておいて損は無いです。


宝玉は使い方を覚えると世界が変わります。
相手のコンボを乗っ取ったり、防いだつもりの札を虹札に変えてコンボを繋いだり。
かなり便利なアイテムなので楽しく使えますよ。


鏡は使い方にコツが入ります。
自分からコンボを防いだり、相手が防いだつもりになってる札を虹札に変えてコンボ続行です。
ある意味宝玉より強力ですが、汎用性が無いんですよね。
守りに使うにしてはコストが高すぎますし。


コマは微妙に使いにくいです。
増加で対抗できない札を回す必要がありますし、回しても自分の札を近くに置ける訳ではないですし。
わざわざ持って行くアイテムではないです。


羽は4人戦用ですね。
2人戦ではまずいりません。
筆は論外です。


設置系のアイテムは個人的な感覚ですが、2人対戦ではいらないと思います。
狭いフィールドでは持つだけ無駄です。
広いフィールドでは羽を持っていきますしね。
アイテム数が少ない場合は他のアイテムを持つ方が役に立ちます。


使う場合の個人的な順位は
ハニワ>ネコ≧石像>ドクロ>土偶
こんな感じです。


ハニワは防御攻撃両方に使えるのがいいですね。
コンボを狙うときの予約には助かりますし、打消しを狙って失敗した場合もデメリットはありません。


ネコは打消し用ですね。
防御に使う場合は、設置した直後に虹札を置く必要がありますし。
いざという時自分で踏んで手を増やすのも楽しいかも。


石像は奇襲用です。
明らかに設置したと思われる場所に置いてはダメです。
微妙に場所を変えておくことでより強力になります。
裏の裏まで読む人はそうそういないので、意外と使える場合があります。


ドクロと土偶は論外ですね。
土偶は結局点数が入りますし、ドクロは対策が楽すぎです。
ドクロは裏をかいて置いても意味が無いですし。
わざわざ持って行くアイテムではありません。


かなりの長文ですが、ここら辺を注意すれば勝率5割はキープできます。
ちゃんと考えれば、強い人相手でもそれ程点差は開きません。
常に最悪の手を考える癖や相手の手を考える癖をつければ、完璧ですね。

テーマ:新作ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

somaudo

Author:somaudo
どもです


Twitterのホームはこちら


カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

フリーエリア

あわせて読みたい

ブログ内検索

RSSフィード